かにの種類ごとに味比較してみた

教えて!かに通販のおすすめ
Home » おすすめのかに通販 » かにの種類ごとに味比較してみた
おすすめのかに通販 | 10月24日更新

かにの種類ごとに味比較してみた


かにといえば、日本人が冬の食べものとして昔から親しんできた食べものといっていいでしょう。
通販サイトで出荷量や販売数を比較してみても、年末年始が圧倒的に多いようですね。
実際、年末にかに鍋をするために集まったり、新年会で家族でかにをそのまま食べたなどの経験をしたことがある人も少なくないのでしょうか。
さて、そんな古くから馴染み深いかにですが、案外その種類については知られていないようにおもいます。
しかし、かにと一口にいっても、そこにはさまざまな種類と、種類ごとの味の魅力があるのです。
そこで今回は、種類ごとの味の特徴をかいていきたいと思います。

たとえば、かにといわれてまずみなさんが想像するような、大きくて、淡白な味ながらぷりぷりとした食感のものが、タラバガニです。
タラバガニは、その見た目からかかにの王様ともよばれているようですね。

他方で、見た目からもタラバガニより一回り小さく、味も繊細なのがズワイガニ。
地方によっては松葉ガニなどともよばれてブランド化している高級品です。
かにのなかでとりわけ高いのです。
味は甘くて繊細。
子供や老人でも食べやすく非常においしいです。
かに本来の味を知りたいのであれば、タラバガニよりもズワイガニをたべるのがよいかもしれません。

他方、毛ガニはというと、これはかに味噌がとてもおいしいです。
多少くせがありますが、その濃厚な味わいはいったんハマれば抜け出しがたい魅力となります。
上海かにと比較されることも多く、いづれにせよかに愛好家のあいだではとても評価が高いかにであるといってよいでしょう。

このように、一言でかにといってみてもその見た目や調理法はまったく異なるものであり、なにより味もぜんぜん違うものとなるのです。
したがって、これぞかに、という食べ応えを体験したければタラバガニ、かに本来の甘みと繊細さを知りたければズワイガニ、かに味噌の濃厚な味わいを知りたければ毛ガニを、それぞれ選択するのがよいのではないでしょうか。